無担保ローンの返済方法

映画「ローン・チャレンジャー」

MENU

無担保ローンの返済方法は

お金に関しては必ず対になることがあります。それは一体どのようなことなのでしょうか?それは、お金をこちらが払ったら、相手が受け取る、もちろんその逆もありますね。お金というのは支払いも、そして受け取りも必ず相手がいるということです。では、ローンに関してはどうなのでしょうか?これも必ず対になる行動があります。これは約束といっても間違いありませんが、それはお金を借りたら必ず返す、ということです。借りっぱなし、貸しっぱなしというのはできない、というわけですね。では、ローンを借り入れたら次にすることといったら、返済方法です。これに関してはどのようにすればいいのでしょうか?

 

大きく分けて3つあります。最初の1つ目が、指定口座から自動的に引き落としてもらう方法です。これが1番簡単な方法ですし、手間がかかりません。ただし、引き落としをする日までに必ずお金を用意しておくことが重要です。次に2つ目が、無担保ローンの会社が指定する口座に振り込みをする方法です。そして3つ目がコンビニエンスで支払いをする方法です。この2つ目と3つ目に関して、振り込みに関する手数料は、基本的には借りる側の負担になることが多くなっています。こちらは自動引き落としと違って、あなた自身が指定日までに支払いを行う必要があります。いずれの場合にしましても、借りたら返すことが重要になりますので、決められた指定日までに必ず支払いを行ってくださいね。

利息はどうやって返済するの

無担保ローンでお金を借りたときには、借りた金額をそのまま返せばいいということにはなりません。無担保ローンを行っている会社もすべてビジネスで行っていますので、お金を貸すときにも必ずそのことを考えてお金を貸しているわけです。では、それは何かといいますと金利になります。金利に関しては法律があり、その範囲内で各金融会社が自由に金利を決めています。そして、借りた金額に対して金利をかけあわせて出た金額が利息になるわけです。つまり、借りた金額と利息をあわせて返済しないといけないというわけです。では、利息はどうやって返済をすればいいのでしょうか?

 

利息は基本的に借りた金額を返すときに利息も合わせて返済するようになっています。借りた金額によっては、まとめて返済をしないで、毎月一定額で支払いをする方法があります。そのときにもあわせて利息を返済するようになっているのが通常です。では、毎月一定の金額で返済する場合には、どのくらい利息がかかるのでしょうか?これは無担保ローンの会社の方針によって利息が変わるため、一定の金額とは限りません。実は返済の金額の決め方もいろいろとあるからです。例えば毎月必ず一定額になるように、利息もその中に含めている場合もあります。また、毎月払っていっても徐々に返済する金額が減っていく場合もあります。これはあくまでも1つの例です。どのような支払い方法になっているかは、必ず借りる前に確認しておくことをオススメします。

返済までの期間はどうなっているの

お金を借りたら必ず守るべき約束事項というのがあります。これはすでに何度か書きましたが、お金を返済するということです。無担保ローンでお金を貸してあげたという約束をしてもらったわけですから、その約束に答えるために返済をする、というわけです。とはいっても借りるのはいいけど、返済が大変と思われているかもしれません。実は返済に関してもなるべく借り手側の負担にならないように、返済方法があるのです。本来であれば一括で借りたわけですから、その約束として一括で返済するのが1番の理想ですし、相手への信頼も高まるわけですね。でも、実際にはそのようにいかない場合もあります。そこで毎月、一定額で支払いをする方法ができるのです。では、その返済までの期間はどのようになっているのでしょうか?

 

これは、無担保ローンを組むときに期間を決める必要があります。例えば住宅ローンの場合には、20年から30年近く返済に時間がかかります。では、長ければいいのかといったら、そのようなことはありません。返済期間が長ければ長いほど、利息がその分発生してしまいます。また、ライフプランを考えて、リタイヤしてから収入がなくなっても払い続けるのは、やはり適切とはいえません。他にも借りた金額に応じて月々の返済額が決まる場合もあります。そうすると返済までにかかる期間も自ずと分かってくるのです。そのため、後になって、返済に困らないように返済期間を必ず確認してくださいね。